FC2ブログ
天と地獄
2020年東京オリンピックのエンブレムのコピー疑惑。

ザハ氏デザインの新国立競技場の建設を巡っては建設費の高騰で、遂には白紙撤回。
一つ躓くと、なぜか次から次へと問題がでてきてスムーズに事が運ばなくなるのが世の常。
2020年、東京オリンピックはその開催に無事こぎつけられるのだろうか・・と少々不安になってくる。

それしてにもエンブレムを作成した佐野研二郎さんは、余りの短期間に天と地獄を味わっているに違いない。
エンブレムコピーの真偽のほどは別として、彼はエンブレム発表の折には、
まさに天にも昇るような誇らしく嬉しい気持ちで一杯だったに違いない。

ところが直後に、サントリーのトートバッグデザインのコピー問題が発覚。
当然のことながら、あらゆる非難の嵐に晒されている。

本当に人間に起きる様々なできごとは、一夜明けると全く逆の意味を持ってしまうことがあるようだ。
災い転じて・・・もあれば、佐野氏の今回の一連のできごとは、その逆のパターンと言えようか。
もしも佐野氏のデザインが東京オリンピックのエンブレムに選ばれなかったら、
サントリートートバッグのコピー問題も、ここまで大きく報道されることなく、
サントリーと佐野氏の間の問題解決で終了。
佐野氏の悪いイメージが衆人に植えつけられることはなかったのではないだろうか。

一夜明けても、それどころか、いつもいつも美味しい味を楽しませてくれるアルトハウスのお茶の存在が私には有難い。
スポンサーサイト



[2015/08/16 17:35 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>