FC2ブログ
花火大会
何度言っても言い足りないほどの暑さが続いているこの夏。
例年通り各地で花火大会が開催され、見物客の浴衣姿も夏の美しい光景の一つ。

それにしても近年の花火大会で不思議に思うことは、「一体いつ頃から音楽が流されるようになったのか?」ということ。
花火が打ち上げされている最中に音楽が流される必要があるのか?
花火の爆音をバックに音楽を聴くのか、又は音楽を楽しみながら、花火を愛でるのか?

私にとっては、打ち上げられた花火の爆音と人々の歓声、そしてその後の静けさ、
この対比こそが心に沁み入る美しい花火の夜の印象だった。

虫の音に季節を感じ、鹿威しの「コーン」という後の静けさを愛でる日本人の感性は、
だんだん薄れてきてしまっているような気がする。

私は外国のお茶、つまりALTHAUS アルトハウスのお茶を毎日楽しみながら、
それでも日本の美味しい煎茶の味わいも忘れることができないでいるのだが・・・・。
[2015/08/14 00:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<天と地獄 | ホーム | 東京オリンピック>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |